マンションを売却する場合|不動産を売却して引っ越し費用を軽減|より良い不動産会社を利用する

不動産を売却して引っ越し費用を軽減|より良い不動産会社を利用する

男性

マンションを売却する場合

家

2種類の方法

マンションを売却するときに知っておきたいことは、どのような種類の査定があるかということです。査定の一つに簡易査定がありますが、これはインターネットを利用して行う査定のことです。不動産会社のインターネットのページに住所やマンションの広さなどを書くと、その中古マンションの査定が翌日ぐらいに送られています。この方法は名前の通り簡単いできることがメリットですが、もっと正確に知りたい場合には訪問査定を行う必要があります。訪問査定は、実際に不動産会社の社員が売却する予定の中古マンションまで来てどのくらいの価値があるかを判断します。この場合には現場に来なければわからないような日当たりやその中古マンションの周りの環境なども考慮してくれるため、高く評価される場合も多いのです。

数社で比較する

中古マンションの査定については1社だけにお願いをするよりも、複数の不動産会社にお願いをしたほうがより正確な金額が出ますし、何よりも相場がわかるのです。一つ問題点があり、数社に査定をお願いすると、安く見積もる会社もあれば、逆に高く見積もる会社もあることです。たとえば、A社は2000万円と提示しましたが、B社は2200万円、C社は2300万円と提示する場合もあります。気を付けたいのはこれらの額で実際に買い手が見つかり売れるかどうかはわからない点です。不動産会社は自社でより多くの物件を扱いたいため、高めに数字を提示することがありますので、売れるかどうかはまた別の話です。高ければよいというわけではありません。実際に不動産会社の言われる通りの額で広告に載せて、1年以上売れなかったこともあるのです。できれば平均的な額を選ぶとよいでしょう。